FC2ブログ

THEATER OF AUTUMN

メタルを中心に音楽感想と時代劇感想 リンクフリーです

CONCEPTION/My Dark Symphony




ノルウェーのテクニカル色のある
メロディックメタルの復活作のミニ。
Roy Khanが個人の事情で
完全に音楽業界からも離れていたらしいが
個人の復帰とともに元いた
バンドまでも復帰させてしまうという
ウルトラCには驚いた。
[ 2019/03/26 ] | ノルウェー・デンマーク

ANGELIC FOE/An Evil of Nature





いかにもヒーリング系の音楽を感じさせる
森林&川ジャケットが特徴の
ソプラノ系の女性シンガーを要する
スウェーデンのバンドの2019年作。
よくよく調べて見たら、このバンド(プロジェクト?)
はデビューアルバムを自分は聴いており、
その時はパーカッションが鬱陶しくて
ありがちなサウンドだ云々で
あまり良い評価をしていなかった(ハズ)のだが…。



[ 2019/03/22 ] | ゴシック/アンビエント

PERVERTICON/Wounds of Divinity




出身国不明のブルータルブラックメタル。
相変わらずAmazonにもItune系にも
またニッチなデス・ブラックメタル系の
CDショップにも取り扱われていない
欲しければ自分で個人輸入してくれ系なのだが。
まぁそんな事はともかくとして(苦笑)。
これは2019年作で
ジャケからして何やら凄さを感じ得ないのだが…。







[ 2019/03/18 ] | ブルータルブラックメタル

Popiół/Zabobony




ポーランドのブラックメタルらしい。
ポーランドというと薄暗い系の
プログレかVADERとか
BEHEMOTHとかあのあたりの
デスラッシュ・ブラックメタル
真っ先に想像してしまうのだが
こんな怪しいジャケットと
そっから想像するに
いかにもチープな内容を想像してしまうのだが…。





[ 2019/03/13 ] | ブルータルブラックメタル

SATURNUS/Saturn In Ascension





デンマークのドゥームゴシックメタル。
2012年作。おそらく4枚目のような気がする。
久々にリリースという事になったのだが。
このバンドは今までのジャケットは
美麗ジャケットだったのだが
今作は随分と禍々しいものに仕上がっていて
かなりブルータルな印象を受けると同時に
過去3作とも、似たようなメロディや
フレーズの使い回しが気になっていて
それは改善されたのかという点も
気になったのだが…。

[ 2019/03/09 ] | ドゥームゴシックメタル

RHAPSODY OF FIRE/The Eighth Mountain





イタリアのヴェテラン(の域になるんだろうなぁ)の
本家の方の2019年作で12作目。
このアルバムに関しては
普段滅多なことではメタルは売らない
ジャズやアンビエント、ネオクラシカル
ネオフォークなどといった主に
非メタル系ジャンルを取り扱っている
ネットショップも販売しているから驚いた。
今作からVoとドラムが交代している。
ジャケットが今一つ説得力に欠けるのは
一体どういう事なのかという疑問はあるが…
まぁ肝心なのは中身なのだ。


[ 2019/03/05 ] | イタリア

ROTTING CHRIST/The Heretics







ギリシャのヴェテラン暗黒系メタルの
2019年作。何でもこのバンドは
作品ごとに色々なサウンドをやられて
特定のジャンルにとらわれないそうで
(とは言っても全て暗黒系だが…)、
今作はジャケットから
アンチキリスト系のにおいがプンプンしてくる。
何かとても攻撃的な印象も受ける。
実際最初は聖歌のようなバッキングに
焦燥感のあるヴォイスが入るSEで始まるわけだし…。


[ 2019/03/01 ] | シンフォニック/メロディックブラックメタル

MALEVOLENT CREATION/The 13th Beast





アメリカ産のブルータルデスメタルの
2019年作。随分昔から活動しているバンドで
13という数字はどうもアルバムが
13枚目という意味のようで
13年目という事ではないと思うのだが(笑)。
このバンドはアルバムを出すごとに
聴いてみる程の熱の入れようではなかった。
まともに聴いたのは98年作の
The Fine Art Of Murder以来であるので
久々に聴くことになる。
ジャケットは前作よりかはマシにはなっているが
それでもやっぱりダサいというのは否めない。


[ 2019/02/25 ] | ブルータルデスメタル

AUTUMN TEARS/Colors hidden within the Gray





アメリカ発のネオクラシカルバンド。
この手のサウンドでアメリカ産というのは
おそらくこのバンドが一番有名かも?
何でも2019年作なんだそう。
以前このバンドの音楽を聴いた時は
あまり耳に残るようなメロディがなく
スルーをしたのだが、今回は
気合の入ったジャケット
(のような気がするだけ?)だったので
ちょっと聴いてみることにした。


[ 2019/02/21 ] | ネオクラシカル

IBUKI/ExMyself





DISQUALIAにいたという
(自分はそのバンドを知らんのだがw)
女性シンガーのソロ。
個人的にはArt Of Gradationで
あまり歌わなかった方という印象しかない
(この方じゃない方の人が
まるまる一曲歌う曲が
Art Of Gradationでは多すぎて
バランスの悪さが目立ってた)。
作詩はもちろんだがすべてではないが
曲によっては作曲もしており、
調べるとアートワークなどもやっているとか。
気になったので聴いてみたのだが…。



[ 2019/02/17 ] | 女性Vo
検索フォーム

プロフィール

久兵衛親分

Author:久兵衛親分
主に激し目の音楽の聴いた感想(アテにしないでください、火傷しますw)を書いています。ここではそれだけです。





このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめCD

ノー・モア・ハリウッド・エンディングス【CD(日本語解説書封入/歌詞対訳付)】

サムシング・ウィキッド・マーチズ・イン【CD(日本語解説書封入/歌詞対訳付)】

【Amazon.co.jp限定】Vorvados(ステッカー付)

クラウンド・イン・フロスト

ザ・スペル【初回限定盤CD+オーディオブックCD(日本語解説書封入/歌詞対訳付)】

シェヒーリ【CD(日本盤限定ボーナストラック収録/日本語解説書封入)】

アテグナトス【CD(日本盤限定ボーナストラック2曲収録/日本語解説書封入/歌詞対訳付)】

よろしくお願い致します

徳三が見たいから
猫ブログに行くよ!

徳三バナー



FC2 Blog Ranking

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



  • SEOブログパーツ


ランキングらしい

カレンダー

02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

スポンサ

カテゴリ

ユーザータグ

ゴシックメタル プログレ メロデス メロパワ ブラックメタル ネオクラシカル ブルータルデス フューネラルドゥーム ゴシック メロディアスハード シンフォニックメタル アンビエント メロスピ クサいメロディ オーケストレーション プログレメタル メタルコア デスメタル フォークメタル シンフォニックゴシック ブルータルブラック シンフォニックロック メロディックメタル ドゥームゴシック ヴァイキングメタル コンセプトアルバム オルタナ ガールズロック ガールズメタル エピックメタル ハードロック ロックンロール デプレッシヴブラック ヴィジュアル系 EVANESENCE シアトリカル J-POP EVANESCENCE シンフォニックブラック 蔵原惟繕 NIGHTWISH 様式美メタル ゴアグラインド モダンメロデス モダンゴシック ポストロック スラッシュメタル ネオプログレ MYRATH EPICA 産業ロック メロトロン ANGRA ブラックメタルアンビエント ANGLAGARD クワイア ニューウェーブ ネオクラシカルメロディアスハード ニューウェーヴ DRAGONFORCE GATHERING ドゥームゴシックメタル プログレヴィンテージロック ドゥームメタル ポストブラック 正統派メタル ENTOMBED ひとりブラックメタル SABBATH スラッジメタル フュージョン トラッド AOR フォーク ジャズ BURRN! ハードコアスラッシュ フォーク・トラッド ストーナーロック デスラッシュ 変速拍子 モダンへヴィロック EVANESSENCE ポップロック KATATONIA ペイガンメタル ネオフォーク モダンへヴィゴシックロック フォークメタルオーケストレーション スウェディッシュデス ダークフォーク BURRN! ザビエルレコード プリミティヴブラックメタル メランコリックロック ゴシックメタルゴシックロック メロディアスハードロック ハードコア シンフォニックメタルオーケストレーション GYZE デジタリティ シンフォニックブラックメタル 

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

QRコード

QR