FC2ブログ

THEATER OF AUTUMN

メタルを中心に音楽感想と時代劇感想 リンクフリーです

SWALLOW THE SUN/When a Shadow Is Forced Into the Light





フィンランドのフューネラルドゥームゴシックメタル
前作は現在の音。デス色を排除したプログレ、
更には過去の初期にやっていたような
正真正銘のフューネラルドゥームゴシックメタル
というそれぞれ違う種類の音を
それぞれ3枚のCDに分けたという
とんでもない(もちろんいい意味)偉業を
やってのけたわけだが、
今作は前作が前作がそれだっただけに
一体どういう路線になるのか不安になったのだが…。

[ 2019/02/01 ] | フューネラルドゥームゴシック

WILT/Ruin





カナダの2人組のバンドで
2018年作&2ndらしい。
霧の深くて枯れ木のジャケットが
非常に絶望感を否が応にも感じさせる。

中身はやっぱりというような
ゆったり過ぎるテンポに大作志向、
ひたすら泣かせるツインギターが
入るものだから
フューネラルドゥームゴシックメタル
かと思ったがVoが窒息系のわめきなので
どうもこれはそっちよりも
デプレッシヴブラックメタルに近いのかと思われ。


[ 2019/01/23 ] | デプレッシヴブラックメタル

ENNUI/Falsvs Anno Domini





出身がジョージアだのトリビシだの
と動画サイトには書かれて紹介されていた
3人組によるフューネラル
ドゥームメタルバンド、らしい、2015年作。
とてもクリスマスイヴの日に
感想を書くようなジャンルではないのだが(苦笑)。

確かにやたらスローテンポで重くて
(ドラムが軽いのが難点だが)
似たような展開を繰り返しながら
だらだらとひたすら長く続く当りは
まさにその系の音楽である。
Evilなジャケットがとてもマッチしてていいですね。


[ 2018/12/24 ] | フューネラルドゥームゴシック

KANASHIMI/Inori




日本の(確か静岡だったような気が…)の
一人デプレッシヴブラックメタルの2017年作。
最初に知ったのはHAPPY DAYSという
バンドとのスプリットCDで知ったのだが
日本にもこんな事をやっている人が
おられるのかと驚いたのだが…。






[ 2018/11/21 ] | メロデス/ブラック/エクストリーム

TALSUR/Slough of Despond

フューネラルドゥームメタルバンドの2017年作。
調べるとどうやらロシアのバンドらしい。
暗い灰色の舟のジャケットから出てくるのは
想像通りの音という感じ。

#1こそはこれから始まる惨劇を告げるかのような
不穏なメロディを奏でるギターのインストだが、
その不気味なインスト曲から
そのまま本編でもある#2に突入する
ひたすら遅くて重くて暗くて…
1曲1曲が長くてヘヴィなギターを始めとした
あの系の音が飛び出してくる。
そして地を這うようなグロウルがメインだが
低音のわめきや時折お経のような
無表情のノーマルVoが
乗っかるわけだけど。






[ 2018/07/13 ] | フューネラルドゥームゴシック

HALLATAR/No Stars Upon the Bridge

No Stars Upon the Bridge
No Stars Upon the Bridge
posted with amazlet at 18.07.01
Hallatar
Svart Records (2017-12-22)
売り上げランキング: 278,187




SWALLOW THE SUN、AMORPHIS、
そして元HIMのメンバーからなる
フューネラルドゥームゴシックメタルユニット。
曲によってはHeike Langhans(DRACONIAN)も参加。
何でも若くして亡くなられた
Aleah Starbridge(TEARS OF ETERNITY)が
書いた詩をもとにしたもの…らしい。
Aleah嬢云々な理由で
軽い気持ちで聴くと
とんでもないことになるだろう。


[ 2018/07/05 ] | フューネラルドゥームゴシック

TREES OF ETERNITY/Hour of the Nightingale

HOUR OF THE NIGHTINGAL
HOUR OF THE NIGHTINGAL
posted with amazlet at 17.04.02
TREES OF ETERNITY
SVART (2016-11-18)
売り上げランキング: 77,286




フィンランドのゴシックメタルらしい。
ジャケットに興味を惹かれて聴いてみた。
てっきり派手なシンセが特徴な
女性VoにデスVoをからませて
モダンな色合いをエッセンスした
ありがちなシンフォニックゴシックメタルか何か
そのあたりだと思っていたのだが…。

想像以上にドゥーム色が強く、テンポもスローが中心。
初めはフューネラルドゥームゴシックメタルかと思ったくらい。
まぁどうもそこまでは絶望色も強くないようだが…。
それでもかなり暗くて禍々しい世界観が強い。
ソプラノでもなければ力強くもなく
ささやき女将系な女性Voがメインで
(時にはゲストの男性Voが入ったりもする)さらに退廃感を強めている。






[ 2017/04/02 ] | ゴシック/アンビエント

AYTHIS/The Illusion And The Twin

フランスの雰囲気もののゴシック/アンビエントプロジェクト。
3枚目になるわけだが、元々このプロジェクトの女性は
フューネラルドゥームメタルバンド
LETHIAN DREAMSとかに在籍していたのだとか。

やっている事はフューネラルドゥームメタルから
メタル色を排除した暗黒なサウンドでそれは過去2作も同じ。
分厚いシンセを駆使したオーケストレーションに
寂しげなピアノ、時にはパーカッションやドラムを使用し
低血圧なVoが乗っかる暗くて
ある種の絶望的な音楽をやっております。
メタルほど激しさもなく
シンセを前面に出しているからか
どことなく幻想的…悪夢に誘われているそんな感じだろうか?
この音楽性は同郷の
ARTESIAやDARK SANCTUARYにも良く似ている。

ジャケットだけ見ると
北欧にありがちなサウンドのようにも見えるが
そのジャケットの通り寒々しさをビシビシと感じる
(そういうSEを効果的に使うのも高ポイントだろう)
様な内容になっている。
このサウンドの特徴でもある、
似たようなフレーズが繰り返し続き
メリハリ感に欠けるのは否めないが、
メタルやデスVoがダメだけど
暗くて悲しい音楽が好きだという人は
聴いてみる価値は大いにある。



01. Without A Name
02. In The Sleep Of Haze
03. Inertia
04. The Other
05. The Ground Is Burning
06. Break It
07. Dissolve Me
08. Night
09. A Solace of Violence
10. A Pristine Lie, A Pristine Light
11. Cendres et glace



[ 2016/09/01 ] | ゴシック/アンビエント

AHAB /The Boats of the Glen Carrig





ドイツの4人組フューネラル
ドゥームゴシックメタルの新作。
センスのなさすぎて拒絶する人が
多そうなジャケットである。
ムーディなメロディを奏でるアコギに
ノーマルVoで歌い上げるオープニングで
とても絶望的な音楽をやるようには思えないが
2分以上してから本題に入る。

[ 2015/12/03 ] | フューネラルドゥームゴシック

ILLUSIONS PLAY/The Fading Light

トルコ産らしい
フューネラルドゥームゴシックメタルバンド。
トルコのバンドがやるというのも非常に珍しいのだが
この手のお約束とも言えるような
大曲志向でひたすら遅いリズムに、
ずしりと重苦しいギターと
悲しいメロディに彩られたシンセ
(似たようなリズムの繰り返しも)、
そしてふわふわ系の女性Voと
地を這うようなデスVoが存在して
やっていることは北欧系のそれと遜色のない内容。
シンセはピアノも時折使ったりして
さらに弦楽器や管楽器も効果的に使用している。


[ 2015/11/28 ] | フューネラルドゥームゴシック | CM(0)
検索フォーム

プロフィール

久兵衛親分

Author:久兵衛親分
主に激し目の音楽の聴いた感想(アテにしないでください、火傷しますw)を書いています。ここではそれだけです。





このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめCD

Zeus~Legends Never Die~(通常盤)

サムシング・ウィキッド・マーチズ・イン【CD(日本語解説書封入/歌詞対訳付)】

ヴェレーノ【初回限定盤CD+ライヴBlu-ray(日本語解説書封入/歌詞対訳付)】

クラウンド・イン・フロスト

シェヒーリ【CD(日本盤限定ボーナストラック収録/日本語解説書封入)】

IN THE LIGHT OF HOPE

よろしくお願い致します

徳三が見たいから
猫ブログに行くよ!

徳三バナー



FC2 Blog Ranking

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



  • SEOブログパーツ


ランキングらしい

カレンダー

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

スポンサ

カテゴリ

ユーザータグ

ゴシックメタル プログレ メロデス メロパワ ブラックメタル ネオクラシカル ブルータルデス シンフォニックメタル ゴシック フューネラルドゥーム メロディアスハード クサいメロディ アンビエント メロスピ オーケストレーション プログレメタル デスメタル メタルコア ブルータルブラック フォークメタル メロディックメタル シンフォニックゴシック シンフォニックロック ドゥームゴシック コンセプトアルバム ヴァイキングメタル オルタナ ガールズロック エピックメタル ハードロック ガールズメタル J-POP ヴィジュアル系 EVANESENCE デプレッシヴブラック シアトリカル ロックンロール モダンゴシック 蔵原惟繕 ゴアグラインド NIGHTWISH シンフォニックブラック 様式美メタル ニューウェーヴ モダンメロデス EVANESCENCE スラッシュメタル ポストロック EPICA MYRATH ネオプログレ 産業ロック メロトロン GATHERING ANGLAGARD ジャズ クワイア ニューウェーブ ドゥームゴシックメタル ANGRA DRAGONFORCE フュージョン ブラックメタルアンビエント スラッジメタル ENTOMBED 正統派メタル ひとりブラックメタル ネオフォーク INCANTATION ドゥームメタル ポストブラック AOR トラッド SABBATH フォーク プログレヴィンテージロック プリミティヴブラックメタル ハードコアスラッシュ フォーク・トラッド ストーナーロック 変速拍子 デスラッシュ モダンへヴィロック EVANESSENCE KATATONIA ポップロック ペイガンメタル ダークウェーヴ モダンへヴィゴシックロック フォークメタルオーケストレーション スウェディッシュデス ダークフォーク BURRN! ザビエルレコード メランコリックロック BURRN! ネオクラシカルメロディアスハード メロディアスハードロック シンフォニックメタルオーケストレーション ハードコア GYZE デジタリティ ゴシックメタルゴシックロック シンフォニックブラックメタル 

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

QRコード

QR