FC2ブログ

THEATER OF AUTUMN

メタルを中心に音楽感想と時代劇感想 リンクフリーです

GRAVE TO THE HOPE/Providence




日本のメロデスバンド、
VEILED IN SCARLETの中心人物Keijaと
SERPENTのVoだったKenとのユニットで
デビューミニアルバム(だと思う)。
ちなみにこのユニット名とこのアルバムタイトルが
逆に覚えそうにもなるが
あくまでもバンド名がGRAVE TO THE HOPEである。






[ 2021/01/30 ] | メロデス/ブラック/エクストリーム

LE JARDIN D'ALICE/非現実





日本の(おそらくひとり)シューゲイザー
ブラックメタルの1stEP。
油絵のような美しいジャケットが
購入意欲をそそられる。
ポストブラックメタルにあるトレモロはもちろんのこと
CDショップ(そこがリリースしている)の
宣伝文句にはシャンソンだの
4度進行だのの文字が書かれていて
気になったので購入してみた。
相変わらず帯とジャケットだけでライナーはなし。
なので歌詞が日本語なのか
英語なのかそれとも別の言語なのかも不明。






[ 2020/12/08 ] | メロデス/ブラック/エクストリーム

BABYMETAL/Metal Galaxy

Metal Galaxy

エクストリームなサウンドをアイドルが歌うという
スタイルで話題になって日本のみならず
世界でも名が知られまくっている。
3枚目のアルバム。
何でもこのアルバムの前に3人組から
一人脱退して2人体勢になっている。
そんな事は個人的にはどうでもよく
正直このユニットが果たして"メタル"と
呼べるものなのか正直疑わしい音楽性で
個人的には1stの地点でアカンということで
2ndはスルーしたのだが、
中古CDを売っているネットショップで
所属事務所が出しているであろう3rdの
豪華ジャケットに惹かれて
(ここもまたある種の買い物依存症)
1万円以上出してダメもとで聴いてみた。






[ 2020/01/06 ] | メロデス/ブラック/エクストリーム

YUZUKINGDOM/Genesis




BLOOD STAIN CHILDのメンバーと
Q'ulleというロックダンスユニットの女性が
参加しているプロジェクトらしい。
ゆずきという名前なので
てっきり少し前までグラレスラーという肩書で
女子プロレスラーをやられていた
グラビアアイドルの方かと思ったら
全く違う人でやんした。
ジャケットは海外の(似たような音楽性の)
バンドで見た事があるようなないような…?


[ 2018/12/20 ] | メロデス/ブラック/エクストリーム

VEILED IN SCARLET/Atonement

Atonement (アトネメント)
Veiled in Scarlet (ヴェールド・イン・スカーレット)
Walkure Records (2018-11-21)
売り上げランキング: 1,591



日本のメロデスバンドのミニを挟んでの
3rdフル。2018年作。
最近はモダンなエッセンスを
取り入れたメロデス
メタルコアをベースにしたようなそれが
主流になってしまっているが
それは日本においても同じ事で
ある種嘆かわしいものではあるが、
このバンドに関しては
徹頭徹尾、純粋なメロデスといってもいい。

前作は金八俳優による
説得力に欠けた酷いしゃがれVoにより
高クオリティの楽曲を台無しにしてしまうという
とんでもない内容だったのだが
その後のミニでは今作の専任Voとなる
説得力のあるわめきVoに交代して
何とか持ち直したと言った感じで
そのミニの後の待望のフルアルバムとなる。



[ 2018/12/08 ] | メロデス/ブラック/エクストリーム

KANASHIMI/Inori




日本の(確か静岡だったような気が…)の
一人デプレッシヴブラックメタルの2017年作。
最初に知ったのはHAPPY DAYSという
バンドとのスプリットCDで知ったのだが
日本にもこんな事をやっている人が
おられるのかと驚いたのだが…。






[ 2018/11/21 ] | メロデス/ブラック/エクストリーム

ZEMETH/Rouge Noir

ROUGE NOIR(ルージュ・ノワール)
Zemeth ゼメス
Zemeth (2017-06-28)
売り上げランキング: 40,137




Amazonでたまたま見かけたジャケットが気になって
調べて見たらなんでも
"哀愁歌謡ノスタルジック
メロディックデスメタルプロジェクト"らしい。
レビューを見れば一人でやられていることもあり
ドラムはどうやら打ち込みっぽい。
前面に押し出した派手なシンセ、ピアノ
そしてヴァイオリン等に彩られた
非常にファンタジック性の強いメロデス
と言った感じだろうか。
そのためにギターやVoがどことなく遠慮気味で
メタル的な重量感にかける。
なんだか同人系にもアピールするようなサウンドだ。
GYZEのメンバーも参加しているそうで
その点からどういう展開かは予想できるのだが…。



[ 2017/10/29 ] | メロデス/ブラック/エクストリーム

VEILED IN SCARLET/Lament

Lament (ラメント)
Lament (ラメント)
posted with amazlet at 17.10.01
Veiled in Scarlet (ヴェールド・イン・スカーレット)
Walkure Records (2016-12-21)
売り上げランキング: 84,314



日本のメロデスバンドのミニ。
2ndフルはとにかく俳優出身のVoの説得力に欠けた
しゃがれVoにげんなりさせられてしまったのだが
そのVoは脱退したこともあり、
新加入(というかゲストなのか?)のVoには
ある種の不安要素を感じたのだが…。

さみしげなピアノのインストから
そのメロディを基調としたメロデスを展開する
ファーストトラックから
1stにあったようなどことなく落ち着き感
(そう感じたのは自分だけ?)
というものはなく、非常に快活でアグレッシヴで
シンフォニックさも加えた
非常にわかりやすく、親しみやすいメロディ満載の
そしてこれを待っていたと言わんばかりの
わめきVoが乗っかるという感じ。

不安要素満載だったこのわめきVoは
脱退したVoとは全く違い、
ちゃんと説得力があるので
ホッとさせられる。
そしてそつなくこなすギターソロが間に入るという、
ありがち感ではあるが曲の展開もわかりやすい。

そういう疾走感のある激しいサウンドが
5曲全て続くのかと思いきや
ピアノ主体のワルツ(?)調の曲があったりして
(耽美的な要素のあるピアノを
時折ちらりと顔をのぞかせるがこの演出は上手い)、
まぁ1stから知っている人にとっては
どことなく似ていなくもない
メロディや曲展開なのは否定できないが、
というか逆に言うとこれがこのバンドの個性でもある。
2ndの汚名(内容は決して悪くはないんだが…)を
払拭するには十二分なミニアルバムである。
20分にも満たないが非常に濃い内容であることは確か。


01.An Act of God
02.Allure of Darkness
03.Drizzly Rain
04.Lament
05.Merciless City



[ 2017/10/01 ] | メロデス/ブラック/エクストリーム

SERENITY IN MURDER/The Eclipse

THE ECLIPSE(ジ・エクリプス)
Serenity In Murder セレニティ・イン・マーダー
OYSTER BROTHERS RECORDS (2017-02-08)
売り上げランキング: 14,131




日本の女性デスVo擁するメロデスバンドの3rd。
AmazonでGYZEを見るとそれと似たようなバンドなのか
このバンドのこのアルバムが表示され
なかなか高い評価を得られているので気になった。
バンド名はライナー見ると略してSIMらしい。
なんか格安SIMとごっちゃになるので
急に安っぽくなってしまうし、
個人的にはあまりいい略し方じゃない(苦笑)。

壮大なインスト#1から
本編#2に繋がるあたりはまぁお約束的な感じだが
やっていることは(打ち込みだろうが)
クワイアやオーケストレーションといった
シンフォニック色の強めに
時折東洋的なフレーズを盛り込みつつも
そこに若者的なモダンなエッセンスを加えたようなもので
想像以上に完成度の高さを見せつける。
知らない人が聴くと北欧によくあるようなメロデスバンド
と勘違いしてしまうかもしれないくらい。
いや、それはそれで悪くない。




[ 2017/06/21 ] | メロデス/ブラック/エクストリーム

GYZE/Northern Hell Song

NORTHERN HELL SONG
NORTHERN HELL SONG
posted with amazlet at 17.04.25
GYZE
ユニバーサル ミュージック (2017-03-29)
売り上げランキング: 1,821



日本のメロデスバンドの3rd。
前作もそれなりにクオリティの高いメロデスをやられて
いたけど(一曲フルで日本語というのは失笑してしまったが)。
今作もファーストトラックの泣きメロが流れた瞬間、
アタリだと感じさせる内容である。

以前はモダンメロデス色がそれなりに顔を出していたが
今作ももちろんそういう部分が用意されてはいるのだが
今まで以上にそれがかなり抑えられており
メロディの臭みに磨きがかかったのか
さらに聴きやすくわかりやすくなっている。
時折、野郎の掛け声が出てきて
クサいメロディ満載のギターフレーズと共に
否が応にも高揚感をかきたてられる。




[ 2017/04/26 ] | メロデス/ブラック/エクストリーム
検索フォーム

プロフィール

利正くん

Author:利正くん
主に激し目の音楽の聴いた感想(アテにしないでください、火傷しますw)を書いています。ここではそれだけです。





このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめCD












よろしくお願い致します

新顔が登場中…
錦八バナー

こちらもよろしくです。
凌馬バナー



FC2 Blog Ranking

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



  • SEOブログパーツ


ランキングらしい

カレンダー

02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

スポンサ

カテゴリ

ユーザータグ

プログレ ゴシックメタル シンフォニックロック メロパワ メロデス シンフォニックメタル ブラックメタル ゴシック オーケストレーション ネオクラシカル フォークメタル メロディアスハード オルタナ クサいメロディ アンビエント プログレメタル ブルータルデス メロスピ メタルコア デスメタル フューネラルドゥーム ドゥームゴシック エピックメタル コンセプトアルバム ブルータルブラック ネオフォーク メロディックメタル シンフォニックゴシック ガールズロック ガールズメタル ハードロック ポストブラック ヴァイキングメタル ヴィジュアル系 ロックンロール EVANESCENCE ネオプログレ J-POP 様式美メタル モダンゴシック ドゥームメタル スラッシュメタル シンフォニックブラック デプレッシヴブラック ニューウェーヴ ダークフォーク ポストロック モダンメロデス MYRATH NIGHTWISH ゴアグラインド プログレハード ヘヴィロック シアトリカル EPICA 蔵原惟繕 デスラッシュ メランコリックロック ペイガンメタル KATATONIA メロディックブラック トラッド へヴィロック ドゥームデス ひとりブラックメタル プログレヴィンテージロック AOR スウェディッシュデス 90年代メロデス デジスリーヴ ストーナーロック フォーク インダストリアル STRATOVARIUS ANGLAGARD メロトロン 産業ロック プリミティヴブラックメタル ザビエルレコード BURRN! メロディアスハードロック BURRN! シンフォニックブラックメタル クワイア DRAGONFORCE ニューウェーブ プリミティヴブラック ポップロック XANDRIA デスメタルドゥームデス フォークロック オールインスト ダークウェーヴ INCANTATION SABBATH 正統派メタル ENTOMBED ヴィンテージロック INSOMNIUM 女性スクリーム 中近東系フレーズ サイケロック HAKEN ジャズロック シンフォニックメタルエレクトロニカ ユーロビート QUEEN スラッジメタル フュージョン ハードコアスラッシュ 変速拍子 フォークメタルオーケストレーション ハードコア フォーク・トラッド モダンへヴィロック エレクトロニカ モダンへヴィゴシックロック EVANESSENCE シンフォニックメタルオーケストレーション GYZE ブラックメタルアンビエント GATHERING ジャズ ANGRA ドゥームゴシックメタル デジタリティ ゴシックメタルゴシックロック ネオクラシカルメロディアスハード テクニカルデス 

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

QRコード

QR