FC2ブログ

THEATER OF AUTUMN

メタルを中心に音楽感想と時代劇感想 リンクフリーです

MAYAN/Dhyana




オランダのEPICAの中心人物が
立ち上げているもう一つのバンド
(プロジェクト?)の3枚目。
やっている事はEPICA同様に
壮大なオーケストレーションを多用して
ヘヴィで攻撃的なサウンドなのだが
まぁこっちの方がよりアグレッシヴで
EPICAがゴシック的なのに対して
こちらはメロデス的という趣なのだそうだが…。
質の高い内容ではあるが
肝心のメロディに関しては
今一つ耳に残るものがないという欠点が
過去2作ではあったのだが
3作目となる今作では
その弱点が果たして払拭されているかどうか…?

[ 2019/06/29 ] | メロディックデスメタル

WHEN/Trippy Happy




ノルウェーのロックバンド2007年作。
ネオフォークやチェンバーロックにありがちな
ジャケットが気になって聴いてみることにした。
調べるとジャンルはサイケデリックだの
エクスペリメントだの書いてある。
レビューサイトでもアヴァンロックと書いてあり
どうもこれは一つのジャンルに
捉えられられないというのか
とらえどころのない音楽をやっている
という事なのだろうか?

[ 2019/06/25 ] | Rock/Pops

WOODEN BRIDGE/Our Hearts, Our Lives





たまたまFuror Gallicoを動画サイトで
調べていたら偶然発見した
というものなんだけど。
ファンタジック性のあるジャケットが気になった。

てっきりロシア系のバンドかと思っていたら
ブラジルのフォークメタルだそうな。
動画の紹介ではジャンルが
フォークメタルだけでなく、
プログレッシヴとなっているのだが…?

[ 2019/06/22 ] | フォーク・トラッドメタル

FUKI/Million Scarlets





UNLUCKY MORPHEUS等で活躍する
Voのソロ第2弾。
今回は当然キングでもなければ
ビクターでもなくインディーズのメーカーの
リリースなのだろうか?
ちょっとわからないメーカー名である。
で、今作はCOMMUNEというクレジットが
消えてFUKIだけになっているのだが、
やはりあのCOMMUNEというのは
その当時サンジャポに出演していた
ある女性タレントの影響もあって
悪いイメージにしかなかったのだろうか(笑)。

前作はアイドルっぽいジャケットに対し
(個人的にはあれは好きだったのだが)
今作はこれが流行りなのか?
一時の丸山桂里奈のような
髪の色をしたFuki嬢を首から上をうつしただけ
的なもうちょっと何とか
ならなかったのだろうかという感じである。

[ 2019/06/18 ] | 女性Vo

TIGER MOTH TALES/Story Tellers Part Two




CAMELというバンドの
サポートシンセ奏者という
Peter Jonesによるプロジェクトで
これが4作目らしい。
なんだか心温まるような
ファンタジックなジャケットが印象的で
聴いてみることにした。
あの解説(ほぼ対訳なし)と帯だけ付けて
高い金額で売り付ける事で有名な
ベルアンティークからも日本盤が出ている。

自分が購入する際はその日本盤は
なかったので輸入盤を購入したが
輸入盤(特にこの系に多い)にありがちな
ペーパースリーヴ仕様のため、
取り出しにくいわ、取り出しても
必ず傷がつくという一番タチが悪い
ものだった。メリットが何もない
この仕様はもう止めるべきだと
自分は思うのだが…。



[ 2019/06/15 ] | イギリス

MAJESTICA/Above The Sky




現SABATONでメロスピバンド元REINXEED
(知らない間に解散していたw)の
Tommy Johanssonが新たに立ち上げた
プロジェクトがコレ。
個人的にはもう一つのプロジェクト(バンド?)
GOLDEN RESURRECTIONの方が
気になっているのだが…。
まぁどうせまんまREINXEEDなんだろう
(とはいってもこのジャンルが好きなのだが)
なぁという先入観がぬぐい切れなかったのだが…。



[ 2019/06/11 ] | スウェーデン

ELUVEITIE/Ategnatos




スイスのフォークメタルバンド。
フォークメタルにしては牧歌的な
フレーズは登場するものの
かなりアグレッシヴな部類な方なんだが、
何でもこのバンドの一部のメンバーが
離脱してCELLAR DARLINGというバンドを
結成しているんだとか。
で、そちらがアルバムをリリースして
間もなく本家のこちらも
アルバムをリリースしたわけだが。
自分が聴くのは2枚目以来という感じ。
[ 2019/06/08 ] | フォーク・トラッドメタル

CIRRUS BAY/Places Unseen




アメリカの女性Voやフルート奏者を擁する
シンフォニックロックで5作目らしい。
何故か目隠しをしている男性が
気にはなるがファンタジックなジャケットが
目を惹きつける。
気になったのでちょっと聴いてみた。
[ 2019/06/04 ] | 南北アメリカ
検索フォーム

プロフィール

利正くん

Author:利正くん
主に激し目の音楽の聴いた感想(アテにしないでください、火傷しますw)を書いています。ここではそれだけです。





このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめCD












よろしくお願い致します

新顔が登場中…
錦八バナー

こちらもよろしくです。
凌馬バナー



FC2 Blog Ranking

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



  • SEOブログパーツ


ランキングらしい

カレンダー

05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

スポンサ

カテゴリ

ユーザータグ

プログレ ゴシックメタル メロデス シンフォニックロック ブラックメタル メロパワ シンフォニックメタル ゴシック ネオクラシカル オーケストレーション フォークメタル メロディアスハード ブルータルデス メロスピ デスメタル オルタナ プログレメタル クサいメロディ アンビエント メタルコア フューネラルドゥーム ドゥームゴシック ブルータルブラック エピックメタル コンセプトアルバム シンフォニックゴシック ネオフォーク メロディックメタル ポストブラック ヴァイキングメタル ガールズメタル シンフォニックブラック ハードロック ガールズロック モダンゴシック 蔵原惟繕 ヴィジュアル系 ロックンロール J-POP 様式美メタル EVANESCENCE デプレッシヴブラック ドゥームメタル メロディックブラック モダンメロデス ネオプログレ ひとりブラックメタル スラッシュメタル ニューウェーヴ NIGHTWISH ヘヴィロック デスラッシュ プログレハード MYRATH EPICA ダークフォーク シアトリカル ポストロック ゴアグラインド 90年代メロデス プログレヴィンテージロック AOR へヴィロック 正統派メタル フォークロック ジャズロック 女性スクリーム フォーク デジスリーヴ インダストリアル ペイガンメタル トラッド INSOMNIUM テクニカルデス ドゥームデス ストーナーロック メランコリックロック スウェディッシュデス KATATONIA メロトロン ANGLAGARD ユーロビート シンフォニックメタルオーケストレーション QUEEN ハードコア 産業ロック フォークメタルオーケストレーション ヴィンテージロック DRAGONFORCE クワイア シンフォニックメタルエレクトロニカ GYZE ニューウェーブ デジタリティ RENAISSANCE エレクトロニカ メロデックブラック ダンジョンシンセ チェンバーロック ペーパースリーヴ ネオクラシカルメロディアスハード エクストリーム STRATOVARIUS ANGRA ベルアンティーク 中近東系フレーズ サイケロック ゴシックメタルゴシックロック HAKEN BURRN! EVANESSENCE モダンへヴィゴシックロック INCANTATION ダークウェーヴ モダンへヴィロック プログレッシヴメタル ENTOMBED カヴァー曲 エクストリームロック シンフォニックデス ジャズ ポップロック SABBATH スラッジメタル ドゥームゴシックメタル XANDRIA BURRN! オールインスト 変速拍子 ザビエルレコード フュージョン プリミティヴブラックメタル メロディアスハードロック ブラックメタルアンビエント フォーク・トラッド デスメタルドゥームデス GATHERING ハードコアスラッシュ プリミティヴブラック シンフォニックブラックメタル 

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

QRコード

QR