FC2ブログ

THEATER OF AUTUMN

メタルを中心に音楽感想と時代劇感想 リンクフリーです

KARFAGEN/Echoes from within Dragon Island




ウクライナのシンセ奏者・Antony Kalugin
によるシンフォニックロックプロジェクトで
19年作の10枚目。
このシンセ奏者はこのバンドの他にも
色々なシンフォニックバンドやプロジェクトに
参加しているらしく、SUNCHILDもその一つ。

で、今回のアルバムはコンセプトアルバムらしく
なんちゃって日本盤にある
曲のタイトルだけ見ると
ドラゴンアイランドが
舞台になっているようで?
その名前がプロレスファンなら知っている
猪木と藤波(ドラゴン)をかけたような
名前なもんなので吹いてしまいそうになる
(実際猪木氏は猪木アイランドなる
島を所有しているそうな)。


[ 2019/07/29 ] | 東欧&ロシア

Turilli/Lione RHAPSODY/Zero Gravity-Rebirth And Evolution





Rhapsody of Fireが個人的には
予想以上によかったわけだが
こちらは元いたバンドのギタリストの
Luca Turilliのプロジェクト(バンド?)で
今作はRhapsody of FireのVoだった
(現在はANGRAもやっているんだっけ?)
Fabio LioneをVoに迎えるという形で
名前もLucaとFabioの名前を使っている。

[ 2019/07/25 ] | イタリア

SABATON/The Great War





野太い声でがなるような歌唱で
曲がやたらクサくて暑苦しいので
個人的にはてっきりスペインかポルトガルか
その辺りのバンドかと思っていた事もあった
スウェーデンのメロパワバンド。
このバンドも日本盤リリースだけでなく
いつの間にかBURRN!では
クロスレビューまでされるようになる程、
メジャーになったのには驚かされた。
更に今作はMAJESTICAのTommy Johanssonが
加入したことでも知られており、
第一次世界大戦云々の
コンセプトアルバムなんだそう。
[ 2019/07/22 ] | スウェーデン

MOSTLY AUTUMN/Sight of Day

Sight of Day


イギリスのシンフォニックロックバンドの
2017年作で12枚目らしい。
何枚かは聴いていて
しんみりとした上品かつ繊細で美しいメロディと
柔らかな印象の女性Voが歌い上げるのに対して
いつまで経っても上達しない
野暮い歌声の野郎Voが
楽曲そのものまで足を引っ張るというのが
特徴ともいえる内容なのだが…。
というかこの野郎Voが中心人物だったりする?
何でもこのアルバムには限定盤で
2枚組のものがあったらしいのだが
残念ながら自分は買い逃してしまった。
限定盤はどういうのか不明だが
このアルバムはよりによって
自分の嫌いなペーパースリーヴ仕様…。








[ 2019/07/19 ] | イギリス

RUNEMAGICK/Evoked from Abysmal Sleep




スウェーデンのドゥームデスメタルで
2018年作の12枚目(!)らしい。
KATATONIAのメンバーもいるらしい。
美しいジャケットを見て
てっきりフューネラル系の葬式系の
ゴシックドゥームデスメタルかと思ったのだが
最初からそっち系じゃないと
完全否定するかの如く
重たいドラムとドライなギターの音で
たたみかけてくるのであった。


[ 2019/07/15 ] | ブルータルデスメタル

MOON FAR AWAY/Belovedie

Belovedie



MOON AND THE NIGHTSPIRITというバンドが
あるがそれはハンガリーの方。
MOON違いなわけで
ちょっと混同してしまいそうだが…。
ロシアのダークフォークバンドの2005年作で
自分が聴いたのはロシア語Ver。
たまたまこの手の音楽のCDを
取り扱っている店のサイトを見たら
1枚限定という事で思わずポチリとな。
何でも一番脂が乗っていたころと書かれていて
それもそれで興味がわいたのだが…?




[ 2019/07/12 ] | ダークウェーヴ/ダークフォーク

Syu/VORVADOS




GALNERYUSのギタリストの
ソロ3枚目。
1作目はカヴァー、2作目は
オリジナルのギターインスト。
そして今作は前作同様
オリジナルはオリジナルだが
日本のメタル界を代表する
シンガーを迎えての曲となる。

摩天楼オペラやNoGoDを始め
TEARS OF TRAGEDY、Fukiといった女性シンガー
はたまたTHOUSAND EYES(デスVo)に
同じGALNERYUSの小野正利といった面々…。
[ 2019/07/09 ] | JAPANESEMETAL

TALSUR/Tormented




以前紹介した事もある、
ロシアのフューネラルドゥームゴシックメタルバンド
2018年作。今作も前作同様に
有名どころの外資系を始め
マニアックなデス/ブラックメタルを
取り扱っている店でも取り寄せてなく、
おまけにAmazonのデジタルミュージックや
itunesですら取り扱われていない、
つまり聴きたかったら自力で
バンドなりレーベルと
交渉するなりして取り寄せてね。
という感じか?









[ 2019/07/06 ] | フューネラルドゥームゴシック

LOONYPARK/Deep Space Eight




4作目のアルバムを検索していたら
いつの間にか2019年に5作目が出ていた
という(苦笑)ポーランドの
シンフォニックロックバンド。
今回はおとぎ話っぽいジャケットではない
所に何か音楽性の変化のような
嫌なものを感じさせざるを得なかったのだが…。


[ 2019/07/02 ] | 東欧&ロシア
検索フォーム

プロフィール

利正くん

Author:利正くん
主に激し目の音楽の聴いた感想(アテにしないでください、火傷しますw)を書いています。ここではそれだけです。





このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめCD

ランド・オブ・エターナル・ドリームス

ドーン・オブ・ザ・ドラゴンスター【CD(日本語解説書封入/歌詞対訳付)】

ドミニオン【CD(日本盤限定ボーナストラック収録/日本語解説書封入/歌詞対訳付)】

ボーン・トゥ・ペリッシュ【CD(日本盤限定ボーナストラック収録/日本語解説書封入/歌詞対訳付)】

レネゲイズ【CD(日本語解説書封入)】

よろしくお願い致します

新顔が登場中…
コロネバナー



FC2 Blog Ranking

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



  • SEOブログパーツ


ランキングらしい

カレンダー

06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

スポンサ

カテゴリ

ユーザータグ

ゴシックメタル プログレ メロデス メロパワ ブラックメタル ゴシック ネオクラシカル ブルータルデス クサいメロディ シンフォニックメタル フューネラルドゥーム メロスピ シンフォニックロック メロディアスハード アンビエント オーケストレーション プログレメタル フォークメタル メタルコア デスメタル ブルータルブラック オルタナ コンセプトアルバム シンフォニックゴシック メロディックメタル ガールズロック ロックンロール ヴィジュアル系 ヴァイキングメタル エピックメタル ハードロック ドゥームゴシック ガールズメタル シンフォニックブラック ダークフォーク デプレッシヴブラック EVANESCENCE EPICA シアトリカル MYRATH ネオフォーク J-POP NIGHTWISH モダンゴシック 様式美メタル 蔵原惟繕 モダンメロデス ゴアグラインド ニューウェーヴ ネオプログレ ポストロック スラッシュメタル ひとりブラックメタル 産業ロック シンフォニックブラックメタル メロトロン トラッド GATHERING クワイア ANGLAGARD ニューウェーブ DRAGONFORCE AOR 正統派メタル ドゥームメタル ENTOMBED INCANTATION ダークウェーヴ フォーク ポストブラック プログレヴィンテージロック フュージョン BURRN! スラッジメタル SABBATH ジャズ メロディアスハードロック 変速拍子 KATATONIA ペイガンメタル ドゥームデス スウェディッシュデス フォークメタルオーケストレーション メランコリックロック ポップロック フォーク・トラッド ストーナーロック モダンへヴィロック EVANESSENCE モダンへヴィゴシックロック ハードコア シンフォニックメタルオーケストレーション ハードコアスラッシュ プリミティヴブラック ANGRA BURRN! ザビエルレコード ブラックメタルアンビエント ドゥームゴシックメタル テクニカルデス デスラッシュ GYZE デジタリティ ゴシックメタルゴシックロック ネオクラシカルメロディアスハード プリミティヴブラックメタル 

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

QRコード

QR