FC2ブログ

THEATER OF AUTUMN

メタルを中心に音楽感想と時代劇感想 リンクフリーです

RAVENSCRY/100





イタリアのゴシックメタルバンドらしい。
2020年作の4枚目。Voは女性。
ジャケットは美しくてなかなかいいのだが
プログレッシヴゴシックという肩書が
どうにもこうにも個人的には
その手のサウンドに拒絶反応しかしないような
(要はヘヴィロックなのだが)音楽性しか思いつかず
なんとも嫌な予感しかしなかったのだが…。


[ 2020/06/30 ] | モダンヘヴィロックゴシックメタル

ENID/Dust




イギリスのシンフォニックロック2016年作。
なんでもとある3部作の最終作だそうで
そういえばその3部作の2作目は
聴いてはいたのだが、今一つピンとくるものが
なかったという印象でしかなかったのだが…。
それよりもなんでこのバンドは
いっつもベルアンディークという
対訳もない解説と帯びつけて高い金額にする
(そしてすぐに廃盤にするw)
所からのリリースなのかね?
どのアルバムもAVALONレーヴェルからリリースされても
いいような気がするんだが、
何かの諸事情があるのか?




[ 2020/06/29 ] | イギリス

PARADISE LOST/Obsidian





イギリスのヴェテランバンドにして
ゴシックメタルの先駆者とされているバンドで
16枚目のアルバムなんだそう。
前作はまさかまさかのストーナーロック方面にまで
やらていたのには驚かされたが
(ストーナーロックだと思ったのは
どうやら自分だけのようだが…)。
そんな感じだったので
今作はそっち方面により強く出ると思ったが…。



[ 2020/06/27 ] | ゴシックメタル

MYRKUR/Folkesange





デンマークの女性アーティストによる2020年作の3rd。
アトモスフェリック・ブラックとか書かれているので
試しに過去の作品を聴いてみると
なるほどこの女性と思われる人がスクリームをしたり、
ノイジーなギターが入ったりして
それなりのことをしていたんだなぁと思わせる。
まぁレーベルもRelapse Recordsだし
バリバリのメタル作品だったわけで
そこに来てそっち系には全くそぐわないジャケットの
今作がリリースとなったわけだが…。



[ 2020/06/24 ] | ネオフォーク

THE MOON AND THE NIGHTSPIRIT/Aether





ハンガリーのネオフォークデュオの
2020年作で7枚目になるらしい。
この系統のCDをよく取り扱っている店では
いつの間にかペイガンフォークと
ジャンルが変わっていたが
そんな細かいことはまぁどうだっていいことで…。
なんだかこれもあまり好きじゃないタイプの
スピリチュアルな音楽性を
やれれるような雰囲気のジャケットである。



[ 2020/06/22 ] | ダークウェーヴ/ダークフォーク

GRIFT/Budet

GriftB


スウェーデンのひとりブラックメタルの3rd。
メロディックブラックメタルやメロデスが
このアルバムのリリース前後に発売があったのだが
どれも今一つパッとせず購入前に止めて
結局購入まで至ったのがこれだけという。
まぁこれもすごくいいとは思わず、
疑いの念をもって(苦笑)聴いてみた。






[ 2020/06/20 ] | シューゲイザー/ポストブラックメタル

AMBERIAN DAWN/Looking for You




フィンランドの女性Vo擁する
シンフォニックメタルの8th。
何作かは聴いたことがあるが
まぁそこそこの内容のことをやっているのだろう。
という記憶に残ってもいないのだが
たまたま今年アルバムがリリースされていたのを知って
とりあえず聴いてみることにした。
しかし、このジャケットはいかにも
ヘヴィなギターがメインのモダンで
つまらないサウンドをやっていそうな気がするのだが…。





[ 2020/06/16 ] | フィンランド

LEAH/Quest

LEAH/Quest



カナダの女性シンガーによる4枚目。
演奏陣はゲストミュージシャンで固めている。
聴くきっかけは広大な自然をアピールする
ジャケットでまさにその手の音楽
(いわゆるフォーキーなサウンド)を
言わなくてもやっているという感じだったのだが…。





[ 2020/06/14 ] | 北米・南米・豪州

AARA/En Ergô Einai





スイスの2人組ブラックメタル
これが2枚目のフルらしい。
あるCDショップでは12枚目と
書かれていたがおそらく誤植と思われる。
そんなにリリースはしていないとは思うのだが。
なんでも覆面2人組というのが
怪しく、そしてこのうす暗い街並みの
ジャケットが聴く気持ちをそそられたので
聴いてみようかと思った。
大曲志向もあってか
個人的にはGLACIATIONのような
サウンドを想像していたので
あまり期待はしていなかったのだが…。




[ 2020/06/12 ] | シンフォニック/メロディックブラックメタル

MIRABILIS/Pleiades





アメリカのネオクラシカルユニットの1st。
ジャケットが民族的な雰囲気のな音楽を
やられるような印象なのだが、
実際のところはどうなのかと思って
ちょっと気になって聴いてみた。
なんだかこのユニットは
ひたすら短めの曲が多く
(5分台の曲もあるが)、
その代わり曲数が多いというパターン。
曲数が多いのは正直好きではないのだが、
シンフォニックロックやプログレにありがちな
1つの曲が10分とか無駄に長いよりかはいい。




[ 2020/06/09 ] | ゴシック/アンビエント
検索フォーム

プロフィール

利正くん

Author:利正くん
主に激し目の音楽の聴いた感想(アテにしないでください、火傷しますw)を書いています。ここではそれだけです。





このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめCD












よろしくお願い致します

新顔が登場中…
錦八バナー

こちらもよろしくです。
凌馬バナー



FC2 Blog Ranking

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



  • SEOブログパーツ


ランキングらしい

カレンダー

05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

スポンサ

カテゴリ

ユーザータグ

プログレ ゴシックメタル シンフォニックロック メロデス メロパワ シンフォニックメタル ブラックメタル ゴシック オーケストレーション ネオクラシカル フォークメタル オルタナ メロディアスハード クサいメロディ プログレメタル アンビエント メロスピ ブルータルデス フューネラルドゥーム ドゥームゴシック デスメタル メタルコア エピックメタル ブルータルブラック コンセプトアルバム ネオフォーク メロディックメタル シンフォニックゴシック ポストブラック ハードロック ガールズメタル ガールズロック ヴァイキングメタル ロックンロール ヴィジュアル系 ネオプログレ シンフォニックブラック ドゥームメタル 様式美メタル EVANESCENCE モダンゴシック J-POP スラッシュメタル ニューウェーヴ ひとりブラックメタル NIGHTWISH デプレッシヴブラック ダークフォーク 90年代メロデス ゴアグラインド シアトリカル メロディックブラック ポストロック EPICA モダンメロデス プログレハード ヘヴィロック MYRATH INSOMNIUM デジスリーヴ デスラッシュ フォーク 蔵原惟繕 ペイガンメタル KATATONIA フォークロック メランコリックロック へヴィロック AOR プログレヴィンテージロック ドゥームデス スウェディッシュデス インダストリアル ストーナーロック トラッド 正統派メタル クワイア STRATOVARIUS 産業ロック メロトロン DRAGONFORCE テクニカルデス BURRN! ANGLAGARD メロディアスハードロック ザビエルレコード プリミティヴブラックメタル プリミティヴブラック シンフォニックブラックメタル BURRN! ニューウェーブ モダンへヴィゴシックロック オールインスト ヴィンテージロック シンフォニックメタルエレクトロニカ ユーロビート デスメタルドゥームデス XANDRIA ENTOMBED INCANTATION ダークウェーヴ QUEEN ジャズロック RENAISSANCE メロデックブラック ダンジョンシンセ エレクトロニカ サイケロック HAKEN 女性スクリーム 中近東系フレーズ SABBATH スラッジメタル 変速拍子 フォークメタルオーケストレーション ハードコア シンフォニックメタルオーケストレーション ハードコアスラッシュ フォーク・トラッド ペーパースリーヴ EVANESSENCE モダンへヴィロック GYZE デジタリティ GATHERING ジャズ フュージョン ブラックメタルアンビエント ANGRA ゴシックメタルゴシックロック ネオクラシカルメロディアスハード ドゥームゴシックメタル ポップロック 

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

QRコード

QR