FC2ブログ

THEATER OF AUTUMN

メタルを中心に音楽感想と時代劇感想 リンクフリーです

DERDIAN/DNA





イタリアのメロスピバンド。2018年作。
調べるともう7枚目になるのだとか。
初期のころはこのバンドも酷いものだったのだが
作を重ねるごとに洗練されたようだ。

もう20年以上前だとこういう音楽性の
バンドはネットでは話題になっていたのだが
そういう事もなくなり、
メロスピをやること自体が時代遅れなのか
それともハズい事になったのか
かつてのメロスピバンドは疾走を止めたり、
流行に乗ってかモダンさを取り入れた
メロパワに変貌したりして
B級メタルからの脱却を図っていくのだが
このバンドは堂々とメロスピと言われる
サウンドをやり続けているんだろうなぁ
と思ったわけだが…。



なんでもコンセプトアルバムを掲げているわりには
ライナーを見ると、コンセプト曲と
そうでない曲が存在しているという
9.11のテロに関しての怒りや
日本に対する感謝の意を込めた曲など
そういうのを何故アルバム中に
点々と混在させてしまったのかと?
アルバム本編の後に固めるとかに
するべきではなかったか?

それはともかくとして中身は
シンセを伴ったツーバス疾走の
メロディックスピードメタルといった感じの
曲を中心としているわけだが
このバンドも上記のように決して
どの曲も疾走してるわけでもなく、
時にはアップテンポだっりと
(それについては後述)、
それがメロスピの進化系ないし
2018年のメロスピのあるべき形
というべきものなのか?

Voは一度脱退をしてまた復帰したらしい。
脱退中は巧いシンガーをゲストとして
迎えていたというのだから皮肉な話である。
とはいっても聴くに耐えない程
酷いものではないからまぁこれはこれで良いかと。
演奏陣は決して醜いというものでもなく
一応、初期のころに比べると
かなり成長の後は伺えるかと。
ギターソロもそこそこといった感じ
(時折派手なソロもあるが
なんだかパッとしないねぇ…)。

序盤は彼らのお家芸ともいえる
クサいメロディ&疾走という
メロディックスピードメタルが登場するが
やはり2018年にもなると(というか洗練されると)
どこかクサみが足りないメロディになってる。
悪くはないんだがどこか物足りなさを感じ得ない。
それは軽くて丸い音質にも多少なりとは
影響があるような気がする。
個人的にこういう音楽に
飽きたわけではないはずなのに
今一つ満足できないのも事実。
あと、疾走曲とミドルテンポを交互に
組み合わせた曲順も印象を悪くしている。

RHAPSODY云々といわれるが
オーケストレーションを派手に駆使したような
大仰しくもなくシンセを入れました的な感じで、
時に思ったのは
日本のMinstreliXにも似てなくもない
(つまりドラムがワンパターンという事だ)
部分があった事。

あと、何故か曲の途中でジャズを入れたり
ヴィンテージロックのオルガン使いが入ったり
それって果たして曲に必要なんと思ったりする。
意味不明にプログレ的な部分もある。
#9~#11は正直メロスピというわけでもなく
ミドルテンポ主体ながら疾走ぱーとあったりする
展開がころころ変わる曲や
プログレ的だったりと
自分の持っているこのバンドの対する印象と
がらりと違う曲が並ぶが
クサくもないメロディで展開されるため
退屈になってしまう。
…というか疾走(ないしアップテンポ)曲以外は
肝心のクサメロでもないし面白みがないという…

曲数が以上に多くてインスト#1を除き
全てが5分以上というのもマイナス。
疾走やアップテンポならまだしも
そうでない曲で5分以上はちょっとキツい。
#13はイタリアのバンドなのに
母国語のイタリア語ではなく、
スペイン語で歌い上げる#8は
スペインにも日本同様に
ファンがいるのだろうか?と思わせる。

#14は日本語(Ben Sotto←HEAVENLYよりかは
日本語の発音はずっといいが
時折あやふやな個所が出てくる)で歌っているが
日本に感謝をしているのであれば
何故その胸を歌ったという#6にしなかったのか
という疑問は感じる(笑)。




1. Abduction
2. DNA
3. False Flag Operation
4. Never Born
5. Hail to the Masters
6. Red and White
7. Elohim
8. Nothing Will Remain
9. Fire from the Dust
10. Destiny Never Awaits
11. Frame of the End
12. Part of This World
13. Ya nada cambiara
14. Never Born (Japanese Version)

[ 2019/01/15 ] | イタリア
検索フォーム

プロフィール

利正くん

Author:利正くん
主に激し目の音楽の聴いた感想(アテにしないでください、火傷しますw)を書いています。ここではそれだけです。





このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめCD












よろしくお願い致します

新顔が登場中…
錦八バナー

こちらもよろしくです。
凌馬バナー



FC2 Blog Ranking

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



  • SEOブログパーツ


ランキングらしい

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

スポンサ

カテゴリ

ユーザータグ

プログレ ゴシックメタル シンフォニックロック メロデス メロパワ シンフォニックメタル ブラックメタル ゴシック オーケストレーション ネオクラシカル フォークメタル オルタナ メロディアスハード クサいメロディ プログレメタル アンビエント メロスピ ブルータルデス フューネラルドゥーム ドゥームゴシック デスメタル メタルコア エピックメタル ブルータルブラック コンセプトアルバム ネオフォーク メロディックメタル シンフォニックゴシック ポストブラック ハードロック ガールズメタル ガールズロック ヴァイキングメタル ロックンロール ヴィジュアル系 ネオプログレ シンフォニックブラック ドゥームメタル 様式美メタル EVANESCENCE モダンゴシック J-POP スラッシュメタル ニューウェーヴ ひとりブラックメタル NIGHTWISH デプレッシヴブラック ダークフォーク 90年代メロデス ゴアグラインド シアトリカル メロディックブラック ポストロック EPICA モダンメロデス プログレハード ヘヴィロック MYRATH INSOMNIUM デジスリーヴ デスラッシュ フォーク 蔵原惟繕 ペイガンメタル KATATONIA フォークロック メランコリックロック へヴィロック AOR プログレヴィンテージロック ドゥームデス スウェディッシュデス インダストリアル ストーナーロック トラッド 正統派メタル クワイア STRATOVARIUS 産業ロック メロトロン DRAGONFORCE テクニカルデス BURRN! ANGLAGARD メロディアスハードロック ザビエルレコード プリミティヴブラックメタル プリミティヴブラック シンフォニックブラックメタル BURRN! ニューウェーブ モダンへヴィゴシックロック オールインスト ヴィンテージロック シンフォニックメタルエレクトロニカ ユーロビート デスメタルドゥームデス XANDRIA ENTOMBED INCANTATION ダークウェーヴ QUEEN ジャズロック RENAISSANCE メロデックブラック ダンジョンシンセ エレクトロニカ サイケロック HAKEN 女性スクリーム 中近東系フレーズ SABBATH スラッジメタル 変速拍子 フォークメタルオーケストレーション ハードコア シンフォニックメタルオーケストレーション ハードコアスラッシュ フォーク・トラッド ペーパースリーヴ EVANESSENCE モダンへヴィロック GYZE デジタリティ GATHERING ジャズ フュージョン ブラックメタルアンビエント ANGRA ゴシックメタルゴシックロック ネオクラシカルメロディアスハード ドゥームゴシックメタル ポップロック 

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

QRコード

QR