FC2ブログ

THEATER OF AUTUMN

メタルを中心に音楽感想と時代劇感想 リンクフリーです

AQUARIA/Alethea




ブラジルのメロパワバンド。
前作から13年ぶりとなる3rdを
2020年に突然発表したわけだが…。
1stは聴いたものの、そのデビューアルバムとは思えぬ
完成度の高さは驚かされたものの、
例えば疾走曲一つにおいても
曲中に余計な演出やらが入って
無駄に長くなるだけでなく
曲そのものの印象がぼやけてしまうという
よろしくない曲作り、
曲展開に嫌気がさしたこともあり、
2ndはスルーしたのであった。
で、何を思ったのか今作は再び購入してしまった、







今作もこの解説(というよりもインタビューだろう)
に応じたシンセ奏者によるとコンセプトアルバムだそうで
(なんでも3部作の最終章らしい)、
前作は聴いていないので何とも言えないが
今作は1stとは若干曲作りが違うようで
壮大なオーケストレーションをバックに語りが始まったと思ったら
曲のハイライト部分が突然入ったりして、
なんだかつかみにくい#1で幕を開ける。

それに続く#2もスローテンポのバラードのような
パートから一転して疾走曲と思わせておいて
QUEENのようなパートが飛び出したり、
スローパートはもちろん、コミカルな疾走パート
そしてその曲本来であろうアップテンポパートなど
緩急をひたすらつけて先が読めない展開を見せて
まぁこれはこれで面白いっちゃ面白いんだが
相変わらず曲そのものの印象が薄くなっているのは事実。
そしてこういう曲展開をされると
たちまちお腹いっぱいになってしまうのも確か。

民族楽器を用いたブラジルの音楽のような雰囲気で始まる
#3はそれを引きずらないある種ポップさもある
キャッチーなメロディが印象的なナンバーで
やっぱりストレートに疾走したりアップテンポだったりする方が
よっぽど印象がいいのだが
このバンドは持っているメロディとか非常にいいのに
余計なことを一つ二つやることで印象が薄くなってしまう。

#4以降もそういう内容の事をやるのだから
曲そのものの印象がぼやけてしまい、
結局「過剰な演出」「余計な展開」と
そっちの方ばかりが頭に残ってしまうのである。
#6なんて派手なオーケストレーションをバックにした
メロディアスハード的な曲のはずなんだが
そういうグッチャグチャにかき混ぜられるので
なんだかわからなくなる。
ひねくれるのであればミドルテンポ主体の曲で
そういうのをやってくれたらよかったのに
(要はミドルテンポ主体の曲が面白くないのである)。

いくらコンセプトアルバムだからといっても
やはり曲の印象が残らないとなんの意味もないと思う。
そんなことで今作も1stと変わりなく、
大体の曲の印象が薄いというのには
変わりがなかったのである。

11月末にリリースしているのと
関係あるのかは不明だが
第九をアレンジしたイントロ(&サビ)が特徴の#8は
クラシカルメタル好きな自分は
思わずニヤリとさせられた。

ちなみにボーナストラックはこのバンドの前身の
バンドの曲が収録されているが
すでにそのころからAQUARIAのような
ひねくれまくった曲をやっていたことに驚かされる。



01.Am I
02.The Avatar
03.The Miracle
04.The Indians
05.The Quest
06.The Revolution
07.The Pain
08.The Time Traveller
09.Time Won't Wait
10.Wtstw
11.The House Of Words
12.I Am
13.Violet [Bonus Track]







[ 2021/01/15 ] | 北米・南米・豪州
検索フォーム

プロフィール

利正くん

Author:利正くん
主に激し目の音楽の聴いた感想(アテにしないでください、火傷しますw)を書いています。ここではそれだけです。





このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめCD












よろしくお願い致します

新顔が登場中…
錦八バナー

こちらもよろしくです。
凌馬バナー



FC2 Blog Ranking

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



  • SEOブログパーツ


ランキングらしい

カレンダー

04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

スポンサ

カテゴリ

ユーザータグ

プログレ シンフォニックロック ゴシックメタル メロデス メロパワ シンフォニックメタル ブラックメタル オーケストレーション ゴシック ネオクラシカル フォークメタル オルタナ メロディアスハード プログレメタル クサいメロディ メロスピ ブルータルデス アンビエント フューネラルドゥーム メタルコア ドゥームゴシック デスメタル エピックメタル コンセプトアルバム ブルータルブラック ネオフォーク メロディックメタル シンフォニックゴシック ポストブラック ガールズロック ガールズメタル ハードロック ヴィジュアル系 ヴァイキングメタル ロックンロール シンフォニックブラック J-POP 様式美メタル モダンゴシック ネオプログレ EVANESCENCE ドゥームメタル NIGHTWISH プログレハード デプレッシヴブラック スラッシュメタル ひとりブラックメタル メロディックブラック ニューウェーヴ モダンメロデス ダークフォーク シアトリカル ヘヴィロック ゴアグラインド ポストロック MYRATH 90年代メロデス EPICA メランコリックロック 蔵原惟繕 女性スクリーム ドゥームデス ジャズロック KATATONIA INSOMNIUM ペイガンメタル デジスリーヴ スウェディッシュデス デスラッシュ フォークロック ストーナーロック 正統派メタル インダストリアル へヴィロック フォーク プログレヴィンテージロック AOR トラッド シンフォニックメタルエレクトロニカ DRAGONFORCE シンフォニックブラックメタル BURRN! オールインスト ニューウェーブ ヴィンテージロック クワイア ANGLAGARD チェンバーロック サイケロック 中近東系フレーズ エレクトロニカ RENAISSANCE ダンジョンシンセ メロデックブラック ベルアンティーク STRATOVARIUS ペーパースリーヴ メロトロン ユーロビート プリミティヴブラックメタル HAKEN QUEEN 産業ロック XANDRIA モダンへヴィゴシックロック カヴァー曲 EVANESSENCE ゴシックメタルゴシックロック ポップロック ドゥームゴシックメタル ネオクラシカルメロディアスハード モダンへヴィロック フォーク・トラッド ハードコア 変速拍子 シンフォニックメタルオーケストレーション ハードコアスラッシュ デジタリティ GYZE ANGRA ブラックメタルアンビエント フォークメタルオーケストレーション テクニカルデス プリミティヴブラック デスメタルドゥームデス BURRN! メロディアスハードロック ダークウェーヴ INCANTATION ジャズ GATHERING フュージョン スラッジメタル ENTOMBED SABBATH ザビエルレコード 

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

QRコード

QR